リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人の歓びや創造性を高める会社」に成長していく道のりを綴る公式note。リコーは、お利口じゃない。ともに挑戦し、学び、正しく失敗しよう。

リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人の歓びや創造性を高める会社」に成長していく道のりを綴る公式note。リコーは、お利口じゃない。ともに挑戦し、学び、正しく失敗しよう。

    最近の記事

    あなたはどれだけ知ってる!?デザイン思考のツール & メソッド 【デザイン思考・試行編】

    こんにちは。リコー みんなのデザイン思考とアジャイル PRチームです。 デザイン思考のツールは多く存在しますが、みなさんは普段どんな手法を活用していますか?本記事では、リコーで用いられているデザイン思考のツールやメソッドをご紹介したいと思います。 本記事は下記続編となりますので、洞察編や解決編を未読の方はぜひこちらもご活用ください。 数えてみると50以上も存在するデザイン思考のツールや手法は、目的や用途を理解し、適切にプロジェクトに組み込むことができれば、よりよい価値提供

      • 内発的動機づけの爆上がり体験をしたStartupWeekend静岡

        こんにちは、みんなのデザイン思考とアジャイルの運営メンバー、大関です。今回は、先日個人的に参加してきたイベント「Startup Weekend 静岡」であらためて実感した、「当たり前に言われている大事なこと」についてお話します。  みなさんは、Startup Weekendというイベントをご存知でしょうか。週末の短い時間でスタートアップをリアルに体験できるイベントで、公式サイトによると、以下のように説明されています。 先月末、私はこのイベントに参加してきました。きっかけは

        • 組織運営をアジャイル的アプローチで行うために ー 組織アジャイルを自走する実践プログラムの中身

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。今回は、私たちがリコーで提供し始めた「リコーアジャイル 実践プログラム」を紹介します。 ※リコーアジャイルとは? リコーがデジタルサービスの会社に転換を図るために必要なはたらき方、組織文化を作るための考え方・取り組み方のこと。詳細は以下の記事をどうぞ! 組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するためには、実践するチームがある程度自走できるようなフレームワークを作る必要があると考え

          • 分断された時代に「自律的で創造的な組織」を目指して

            こんにちは。リコー みんなのデザイン思考とアジャイル PRチームの辻原です。 今回のnoteでは、リコー社内で「インセプションデッキ」の活用に関する勉強会や発信を積極的に行っている林さんに、インセプションデッキと普段のお仕事との繋がり、ご自身のミッション、社内での発信活動を行う意義などをお聞きしました。 「価値創造したい人」を増やすということー 林さんの普段のお仕事について教えてください。 林:私が所属しているデジタル戦略部には、デジタルサービスの会社へ変革を推進するた

            簡単なようで奥深い!効果的なユーザーヒアリング実施のためのマインドとメソッド

            こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営メンバーの大関です。みなさんは最近、お客様やユーザーの声を直接聞く機会はありましたか?作れていますか? ユーザーヒアリングは市場調査、新規事業開発の価値検証、商品リリース後の改善など、さまざまなシーン、目的で幅広く実施されています。一方、顧客の声を聞きたいと思っていてもなかなか機会に恵まれず、難しい。やらなきゃと思っていても、腰が重い。そんなふうに感じている人も多いと思います。 今回は、リコーITソリューションズ株式会

            75%に意識の変化あり。リコーの管理職に向けてデザイン思考とアジャイルの研修をやってみたら

            こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田と室井です。今回は、昨年末に実施したリコーの管理職向け研修「“リコーを芯からアジャイルにする ” は、リーダーから始まる!」をご紹介します。研修の背景、内容、実施後の施策のご紹介を通して、リコーでじりじりと広がる「リコーアジャイル」の浸透にむけた進捗を感じ取って頂けるとうれしいです。 ※「リコーアジャイル」の浸透とは リコーアジャイルの浸透とは、デザイン思考とアジャイルの考え方・手法が日常的な組織運営

            リコーを芯からアジャイルにするタスクフォースの5つの計画

            こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。 今回は新年らしく、私たちがリコーで活動するちょっと変わった組織「リコ芯TF(リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース)」が、今後やっていこうと考えていることについて紹介したいと思います。 リコ芯TFは、OAメーカーからデジタルサービスの会社への転換を図るリコーに必要なはたらき方、組織文化の獲得を目指して、昨年9月に発足しました。 リーダーは、2021年から「アジャイル文化の浸透」の社外有

            【1年間の振り返り】「みんなのデザイン思考とアジャイル」これまでとこれから

            明けましておめでとうございます!2023年がスタートしましたね。本年もどうぞよろしくお願いいたします! リコーの「みんなのデザイン思考とアジャイル」は、noteでの発信とコミュニティ活動の2本の柱があります。2022年はどちらも本格的に稼働が始まった年となり、デザイン思考やアジャイルの浸透のため様々な活動を行なってきました。 今回のnoteでは、コミュニティマネージャーの武田さんにインタビューを行い、リコーの「みんなのデザイン思考とアジャイル」1年間の振り返りと2023年の

            【やわデザ×WeWork】DX時代の働き方を考える読書会に参加してきました!

            こんにちは。リコー みんなのデザイン思考とアジャイル PRチームの辻原です。 今回は2022年12月15日に開催された、富士通グループ横断コミュニティ「やわらかデザイン」×WeWork日比谷オフィスのイベント、「DX時代の働き方」について考えるワークショップ(読書会)の参加レポートをお届けします! 富士通グループさんの「やわらかデザイン」コミュニティ(通称「やわデザ」)は、企業文化をやわらかくアップデートするDX活動にまつわる様々な実験を行っており、その様子をnoteで積極

            リコーの謎施設!? 年間200社が訪れる、BIL Tokyoの実態

            こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。リコーには全世界に様々な施設があるのですが、今回はその中でも異彩を放っている「BIL Tokyo」についてご紹介します。 「BIL Tokyo」の正式名称は、リコージャパン田町事業所にあるRICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE Tokyoです。2018年に開設された施設で、お客様をお招きしてお話をするスペースではあるのですが、その目的は商談だけではありません。そのため一般

            デザイン思考で素敵なサンタになってみる!

            こんにちは。「みんなのデザイン思考とアジャイル」事務局のオクダです。 私はリコーデジタルアカデミーで、デザイン思考を全社に浸透させるための講座の組み立てや動画資料の作成、ワークショップのファシリテーションなどを行なっています。 デザイン思考ワークショップを行う中で、受講者からの声として多いのが「どこで使うのかわからない」「自分の業務で使い道がない」といった、知識としては理解できたけれど現実としてどう使うの?というコメントです。 そんな方々に向けて、まずは身近なことで理解し

            【後編】組織DXで「芯から」アジャイルとデザイン思考を浸透させる、その戦略とは

            前回の記事では、リコーがなぜ「芯から」アジャイルとデザイン思考が必要だと考えているのか、その背景や志、デザイン思考やアジャイルという考え方について伺いました。 自らアジャイルでふりかえり・むきなおりを行っている中で出てきた、新たな課題・仮説に対し、どのような検証・試行を行っていくのでしょうか? コーポレート上席執行役員 CDIO 田中豊人氏とCDIO付DXエグゼクティブ 市谷聡啓氏の対談、後編をお届けします。 これから何が起こるのか、タスクフォースで行うこと ーー具体的

            【前編】なぜ組織DXに「芯から」アジャイルとデザイン思考が必要なのか?

            2020年、リコーはデジタルサービスの会社への脱皮を宣言し、リコーらしいDXの形を模索し始めました。 始まりから約2年がすぎ、デジタル人材を育成するリコーの取り組みはまた新たな局面を迎えています。 今年9月には「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」という組織もでき、さらに広がりを見せているリコーのデジタル戦略。このタスクフォース結成の裏側にはどんな戦略と思いがあるのでしょうか。 タスクフォース発足のキックオフイベントにて、コーポレート上席執行役員 CDIO 田中

            あなたはどれだけ知ってる!?デザイン思考のツール & メソッド 【デザイン思考・解決編】

            こんにちは。リコー みんなのデザイン思考とアジャイル PRチームです。 デザイン思考のツールは多く存在しますが、みなさんは普段どんな手法を活用していますか? 本記事は、リコーで用いられているデザイン思考のツールやメソッドをご紹介するシリーズ記事で、こちらの続編となります。前編未読の方はぜひ合わせてお読みくださいね。 ツールやメソッドを知ることは ・よりよい手法を模索している ・プロジェクトにデザイン思考の手法を取り入れてみたい ・普段の業務やチームの連携に変化を起こした

            【シリーズ】デザイン思考でついやりがちな「アンチパターン」を理解して、マインドまで身につけよう!「定義」「創造」フェーズ編

            こんにちは。リコー みんなのデザイン思考とアジャイル PRチームです。 本シリーズ記事では、私たちリコーの社内研修プラットフォームで行われているデザイン思考研修プログラムのひとつ「デザイン思考のマインドと流れを知る」から、ついやりがちなアンチパターンを紹介しています。 アンチパターンとは、陥りがちな悪い典型例のこと。「組織やチームのデザイン思考実践を妨げる要因的振る舞い」として、これまでの習慣の見直しに用いることを目的としています。 リコーでは「手法」と「マインド」がセ

            早く・安く・何度も失敗できる「プロトタイピング」を実践してみた

            こんにちは。リコーでソフトウェアを開発している本村です。 突然ですが、皆さんは” プロトタイピング ”と聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? デザイン思考やアジャイルにおいて、プロトタイピングは重要な要素の1つです。しかしいざやってみようとすると などの疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。 リコー社内でも、仮説検証においてプロトタイプを早く作り、早く検証することの重要性が説かれています。その一方で、プロトタイプに対して苦手意識を持つ社員も多いです。 そのた