リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人…

リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人の歓びや創造性を高める会社」に成長していく道のりを綴る公式note。リコーは、お利口じゃない。ともに挑戦し、学び、正しく失敗しよう。

マガジン

  • みんなの「デザイン思考」

    真の問題と最適な解決方法を探索し、創出する思考方法であるデザイン思考。DXを考える時に欠かせないデザイン思考について、初心者から実践者まで役立つ記事をまとめました。

  • リコーのDXと変革への取り組み

    進化し続けるテクノロジーによって人々の生活を豊かにすること、ビジネスに関わるすべての事象に変革をもたらすことを主軸とした、リコーのDX関連記事まとめです。DXを通じて「“はたらく”に歓びを」の実現、組織文化醸成を実現していきます!

  • 仕事に役立つイベントレポート

    デザイン思考や組織アジャイルの学習&実践の場として、定期的に開催しているセミナーやワークショップイベントのレポート。気づきや行動変容のきっかけになるイベントを目指しています!

  • みんなの「組織アジャイル」

    変化に富む不確実要素の多い現代において、自律性高く短期間で課題発見から修正/検証までを繰り返すことで価値創造につなげる「組織アジャイル」。そのコツやマインド、事例をまとめました。

最近の記事

【後編】実践者から学ぶ「組織が自律的に変わる・動く」ための仕組みとは?

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「組織が自律的に変わる・動く」をテーマに、登壇者をお迎えし開催しました。お二人にご登壇いただいたイベントだったため、前後編でお届けしています! 前編はこちら↓ 登壇いただいたのは、お客様価値向上に向けてこれからの営業のみらいを考える「みらいデザインLab.」の活動を推進する、リコージャ

    • 【前編】実践者から学ぶ「組織が自律的に変わる・動く」ための仕組みとは?

      こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「組織が自律的に変わる・動く」をテーマに、登壇者をお迎えし開催しました。 登壇いただいたのは、お客様価値向上に向けてこれからの営業のみらいを考える「みらいデザインLab.」の活動を推進するリコージャパン株式会社の青木 郁馬さんと、プロジェクト推進支援サービスを提供する株式会社Copilo

      • デザイン思考の起点は”観察”!新たなインサイトを発見できる「フィールドワーク」を体験しよう

        こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちは「リコーアジャイル」を全社に浸透させるため、デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「フィールドワークシミュレーション  ベトナムのマーケットをFW&リサーチしてみよう!」というイベントを開催しました。 ”フィールドワーク”とは、ある調査対象について研究をする際に、そのテーマに即した場所(現地)を実際に訪れ、その対象を直接観察

        • 2024年、リコーのデザイン思考とアジャイルの「これまで」と「これから」

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営の林です。本年もどうぞよろしくお願いいたします! まずは元日に発生した能登半島地震に際し、亡くなられた方々へ深く哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆様へ心よりお見舞いを申し上げます。また、被災地の一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。 * 昨年2023年4月に、リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース(通称:リコ芯TF)に異動となり、7月にはタスクフォースのリーダーも任せていただくことになりました。 これ

        【後編】実践者から学ぶ「組織が自律的に変わる・動く」ための仕組みとは?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • みんなの「デザイン思考」
          リコー みんなのデザイン思考とアジャイル
        • リコーのDXと変革への取り組み
          リコー みんなのデザイン思考とアジャイル
        • 仕事に役立つイベントレポート
          リコー みんなのデザイン思考とアジャイル
        • みんなの「組織アジャイル」
          リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【2023年振り返り】誰にありがとうと言ってもらうための活動か? デザイン思考とアジャイルを伝える私たちが自ら行ってきた壮大な実験

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 2023年も残すところあと少し。 私たちチームは、約2年前から文化風土改革という大きなテーマに取り組み始め、今年も紆余曲折、悲喜交々がありながらもたくさんの挑戦を続けてきました。 そこで今回はチーム全員で今年を振り返り、成長できたことやこれからの課題、伝えていきたいことなどを対談形式でお話ししていきたいと思います! リコーの組織課題解決のため、それぞれが奔走した1年 ーまず、今年1年を振り返ってどうでした

          【2023年振り返り】誰にありがとうと言ってもらうための活動か? デザイン思考とアジャイルを伝える私たちが自ら行ってきた壮大な実験

          マインドセット醸成にメイカースペースが有効!その理由とは

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営のホンミです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「東芝のデザイン思考の取り組みと、メイカースペースに関するリコーと東芝との共同研究の紹介」というイベントを開催しました。 このイベントでは、東芝 CPS xデザイン部の緒方さん、衣斐さん、安達さんに登壇していただきました。 東芝におけるデザイン思考の取り組みと、リコーと東芝が共同で研究

          マインドセット醸成にメイカースペースが有効!その理由とは

          リコーの現場リーダーが感じている課題とは? より深化したデザイン思考とアジャイルの研修から

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」を運営する大関です。 今回は、今年度上期に実施したリコーの管理職・リーダー向け研修「“リコーを芯からアジャイルにする ” は、リーダーから始まる!」をご紹介します。 本研修は昨年度も同タイトルで実施しており、noteでも研修の背景、内容、実施後の施策についてご紹介しておりました。 今回は、昨年度の記事と同様に研修の背景とその内容、さらに研修時に行った「リコーアジャイル(※)の実践調査」から得られたリーダーが抱えている課題・

          リコーの現場リーダーが感じている課題とは? より深化したデザイン思考とアジャイルの研修から

          社内の“AIリテラシー”を爆上げしよう!イベントを実施しました

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営のカメモトです。みなさんは「AI」を普段から活用していますか? 2023年は急激にAI市場が盛り上がりを見せており、「AIを使いこなせないと、時代に置いて行かれるんじゃないか…」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。私もその一人でした。 デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催している我々運営チームでは、リコー社内でもそのように考えている人は多いのでは?と考

          社内の“AIリテラシー”を爆上げしよう!イベントを実施しました

          三方よし!のビジネスの創り方 価値が連鎖するビジネスを“CVCA”で考えよう

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちは「リコーアジャイル」を全社に浸透させるため、デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「ステークホルダーを三方よしでおさめる!ビジネスモデルの構想の手法をCVCAで学ぼう!」というイベントを開催しました。 みなさんは、“CVCA”という言葉を聞いたことがあるでしょうか? CVCAとは顧客価値連鎖分析(Customer Valu

          三方よし!のビジネスの創り方 価値が連鎖するビジネスを“CVCA”で考えよう

          メンバーもお客様も巻き込んでプロジェクトを進める、クレーン作業安全支援システムチームの「アジャイル」な信頼関係の構築方法

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームの辻原です!今回は、リコーの「クレーン作業安全支援システム」を開発したチームへインタビューを実施しました。 メンバーに土木建設の知見がないなかで始まったプロジェクトでしたが、モチベーション高くチームワークを構築し、非常に早くテーマ活動が拡大している取り組みです。 今回は、新たな領域に取り組むためのチーム運営やマネジメント、開発にあたってぶつかった壁やこれからの挑戦など...様々なお話をお伺いしてきました。新規事業に

          メンバーもお客様も巻き込んでプロジェクトを進める、クレーン作業安全支援システムチームの「アジャイル」な信頼関係の構築方法

          手を動かして自分の考えを形にすることで自分軸を鍛える!モノづくりの祭典「つくる~むフェスティバル2023」とは

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営のホンミです。 先日、「あつまれ!つくる人!」というスローガンで、モノづくりを楽しむ個人や有志グループたちが自慢の作品を持ち寄るお祭りを開催しました。その名も「つくる~むフェスティバル2023」。   私は社内メイカースペース「つくる~む海老名」の運営でもあります。この記事では、プロトタイピングを通して自分軸を鍛えるという視点から「つくる~むフェスティバル2023」をお伝えしたいと思います。 ※リコー内メイカースペース「つ

          手を動かして自分の考えを形にすることで自分軸を鍛える!モノづくりの祭典「つくる~むフェスティバル2023」とは

          日本から韓国へ。文化や年齢を超え多様性の高いチームでガバナンスとイノベーションを両立させる挑戦

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームの辻原です! 日本のお隣であり、食文化やエンターテインメントなども馴染みが深い韓国。今回は、そんな韓国・ソウルにあるリコーのビジネス拠点Ricoh Korea(リコーコリア)で、コーポレートガバナンスと企業文化の醸成、デザイン思考やアジャイルの浸透に取り組む秋葉さんにお話しをお伺いしてきました。 リコーコリアへの赴任と、文化の違いの発見 ー秋葉さんのリコーコリアでのお仕事を教えてください。 秋葉さん:リコーコリア

          日本から韓国へ。文化や年齢を超え多様性の高いチームでガバナンスとイノベーションを両立させる挑戦

          富士通の「やわらかデザイン」に学ぶDX時代の企業風土改革【後編】

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちは「リコーアジャイル」を全社に浸透させるため、デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は、「先駆者に学ぶ企業風土変革 富士通のDXを支える「やわらかデザイン」~リコーアジャイルとの共通点とは~」というイベントを開催しました。 富士通株式会社の「やわらかデザイン」発起人の加藤正義さんと、社員同士がフラットに本音で話せる場「スナックま

          富士通の「やわらかデザイン」に学ぶDX時代の企業風土改革【後編】

          富士通の「やわらかデザイン」に学ぶDX時代の企業風土改革【前編】

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちは「リコーアジャイル」を全社に浸透させるため、デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。   今回は、「先駆者に学ぶ企業風土変革 富士通のDXを支える「やわらかデザイン」~リコーアジャイルとの共通点とは~」というイベントを開催しました。 富士通株式会社の全社変革コミュニティ「やわらかデザイン」発起人の加藤正義さんと、その中の取り組みとして社

          富士通の「やわらかデザイン」に学ぶDX時代の企業風土改革【前編】

          難しそうに見えて意外に簡単!?マイコンを使ったプロトタイピングワークショップ体験記

          こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営のオオゼキです。 皆さんは「マイコン」と聞いてどんなイメージを持ちますか? 電子工作について詳しくない方は、半導体むき出しの、緑色の基板をイメージする方も多いのではないでしょうか。 私も例にもれず、専門知識が必要でハードルが高いという印象が先行していました。一方で、使いこなせればプロトタイピングに役に立つ、とも思っていたのでマイコンに対しての興味はずっとありました。 デザイン思考やアジャイルにおいて、プロトタイピングは

          難しそうに見えて意外に簡単!?マイコンを使ったプロトタイピングワークショップ体験記

          新素材「PLAiR(プレアー)」をリコーがスピード感をもって開発できた4つのポイント

          こんにちは!「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営メンバーの大関です。今回は、リコーの技術を基盤に開発した新規事業、植物と空気からできた環境にやさしい新素材「PLAiR」の開発秘話をお届けします。 PLAiRは様々な事業探索を実施していくなかで生まれた、リコーにとっては新しい素材事業です。 リコーはこれまで、植物由来かつ生分解性を有する環境にやさしい素材、PLA(ポリ乳酸:polylactic acid)を材料とした製品の開発を実施してきました。この技術をベースにして、

          新素材「PLAiR(プレアー)」をリコーがスピード感をもって開発できた4つのポイント