リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人…

リコー みんなのデザイン思考とアジャイル

リコーがデザイン思考とアジャイルを活用し、社内外の方々と知見を交換しながら「はたらく人の歓びや創造性を高める会社」に成長していく道のりを綴る公式note。リコーは、お利口じゃない。ともに挑戦し、学び、正しく失敗しよう。

マガジン

  • みんなの「デザイン思考」

    真の問題と最適な解決方法を探索し、創出する思考方法であるデザイン思考。DXを考える時に欠かせないデザイン思考について、初心者から実践者まで役立つ記事をまとめました。

  • みんなの「組織アジャイル」

    変化に富む不確実要素の多い現代において、自律性高く短期間で課題発見から修正/検証までを繰り返すことで価値創造につなげる「組織アジャイル」。そのコツやマインド、事例をまとめました。

  • リコーのDXと変革への取り組み

    進化し続けるテクノロジーによって人々の生活を豊かにすること、ビジネスに関わるすべての事象に変革をもたらすことを主軸とした、リコーのDX関連記事まとめです。DXを通じて「“はたらく”に歓びを」の実現、組織文化醸成を実現していきます!

  • 仕事に役立つイベントレポート

    デザイン思考や組織アジャイルの学習&実践の場として、定期的に開催しているセミナーやワークショップイベントのレポート。気づきや行動変容のきっかけになるイベントを目指しています!

みんなの「組織アジャイル」

変化に富む不確実要素の多い現代において、自律性高く短期間で課題発見から修正/検証までを繰り返すことで価値創造につなげる「組織アジャイル」。そのコツやマインド、事例をまとめました。

くわしく見る

読者アンケートにご協力をお願いいたします

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営です。 先日お伝えした通り、このnoteを運営していた「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」は、今年度をもってタスクフォースチームとしての役割を終えることになりました。 これまで80本超の記事を公開し、少しでも皆様のお役に立つよう試行錯誤しながら運営してきたnoteなので、今後どのような形にするのが良いかと検討しております。 そこで、このnoteを読んでいただいている皆様にアンケートをお願いし、これまでどの

スキ
5

リコーを芯からアジャイルにする旅は続く 〜タスクフォースの終了と私たちのこれから

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営と、「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」のリーダーをしている林です。 この度、このnoteを読んでいる皆様に大事なお知らせがあります。 リコーを芯からアジャイルにするタスクフォースは今年度をもってタスクフォースチームとしての役割を終えることになりました。それに伴い、このnoteの運営や内容についても見直すことになりました。 なぜタスクフォースは終わるのか?そもそも「タスクフォース」とはどのような意味でしょう

スキ
119

新しい仕事の仕方に向けて、チームはどう変化していけるのか

リコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームです。 私たちは、組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するために、チームがある程度自走できるようになるためのフレームワーク「リコーアジャイル 実践プログラム」を提供しています。 今回は、この実践プログラムを活用いただいている、リコークリエイティブサービス株式会社 マーケティング支援事業部 テクニカルコミュニケーション室 室長の小川 啓介さんにお

スキ
20

失敗した元マネージャーが後悔を胸に、新たにマネージャーになるあなたに伝えたいこと

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。 年度末となり、人事異動の噂に花が咲く季節になってきました。そこで、新たにマネージャーになる方々の門出に、はなむけになる記事をお届けしたいと思います。 私は以前、1年だけ管理職をやっていたことがあります。私にとってはとても苦しい時期で、今となっては、ああすればよかった、こうすればよかった、と後悔ばかりです。今回はそんな苦いマネージメントの経験をお伝えすることで、少しでも不安の解消に役に立てられ

スキ
222

みんなの「デザイン思考」

真の問題と最適な解決方法を探索し、創出する思考方法であるデザイン思考。DXを考える時に欠かせないデザイン思考について、初心者から実践者まで役立つ記事をまとめました。

くわしく見る

読者アンケートにご協力をお願いいたします

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営です。 先日お伝えした通り、このnoteを運営していた「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」は、今年度をもってタスクフォースチームとしての役割を終えることになりました。 これまで80本超の記事を公開し、少しでも皆様のお役に立つよう試行錯誤しながら運営してきたnoteなので、今後どのような形にするのが良いかと検討しております。 そこで、このnoteを読んでいただいている皆様にアンケートをお願いし、これまでどの

スキ
5

リコーを芯からアジャイルにする旅は続く 〜タスクフォースの終了と私たちのこれから

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営と、「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」のリーダーをしている林です。 この度、このnoteを読んでいる皆様に大事なお知らせがあります。 リコーを芯からアジャイルにするタスクフォースは今年度をもってタスクフォースチームとしての役割を終えることになりました。それに伴い、このnoteの運営や内容についても見直すことになりました。 なぜタスクフォースは終わるのか?そもそも「タスクフォース」とはどのような意味でしょう

スキ
119

新しい仕事の仕方に向けて、チームはどう変化していけるのか

リコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームです。 私たちは、組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するために、チームがある程度自走できるようになるためのフレームワーク「リコーアジャイル 実践プログラム」を提供しています。 今回は、この実践プログラムを活用いただいている、リコークリエイティブサービス株式会社 マーケティング支援事業部 テクニカルコミュニケーション室 室長の小川 啓介さんにお

スキ
20

失敗した元マネージャーが後悔を胸に、新たにマネージャーになるあなたに伝えたいこと

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」をリコーで運営している武田です。 年度末となり、人事異動の噂に花が咲く季節になってきました。そこで、新たにマネージャーになる方々の門出に、はなむけになる記事をお届けしたいと思います。 私は以前、1年だけ管理職をやっていたことがあります。私にとってはとても苦しい時期で、今となっては、ああすればよかった、こうすればよかった、と後悔ばかりです。今回はそんな苦いマネージメントの経験をお伝えすることで、少しでも不安の解消に役に立てられ

スキ
222

リコーのDXと変革への取り組み

進化し続けるテクノロジーによって人々の生活を豊かにすること、ビジネスに関わるすべての事象に変革をもたらすことを主軸とした、リコーのDX関連記事まとめです。DXを通じて「“はたらく”に歓びを」の実現、組織文化醸成を実現していきます!

くわしく見る

リコーを芯からアジャイルにする旅は続く 〜タスクフォースの終了と私たちのこれから

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営と、「リコーを芯からアジャイルにするタスクフォース」のリーダーをしている林です。 この度、このnoteを読んでいる皆様に大事なお知らせがあります。 リコーを芯からアジャイルにするタスクフォースは今年度をもってタスクフォースチームとしての役割を終えることになりました。それに伴い、このnoteの運営や内容についても見直すことになりました。 なぜタスクフォースは終わるのか?そもそも「タスクフォース」とはどのような意味でしょう

スキ
119

新しい仕事の仕方に向けて、チームはどう変化していけるのか

リコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームです。 私たちは、組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するために、チームがある程度自走できるようになるためのフレームワーク「リコーアジャイル 実践プログラム」を提供しています。 今回は、この実践プログラムを活用いただいている、リコークリエイティブサービス株式会社 マーケティング支援事業部 テクニカルコミュニケーション室 室長の小川 啓介さんにお

スキ
20

変化の時代の価値創出へ、私たちはどう変わっていくべきか?みらいデザインLab.の探索に向けたチームビルディングリコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー

リコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームです。 私たちは、社内で組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するために、チームがある程度自走できるようになるためのフレームワーク「リコーアジャイル 実践プログラム」を提供しています。 今回は、この実践プログラムを活用いただいている、​​みらいデザインLab.のみなさんにお話をお伺いしました。 ​​みらいデザインLab.は、リコーグループから有

スキ
36

自律したスペシャリスト集団をまとめ、チームとして存在価値を最大化するために重要なこと

リコーアジャイル 実践プログラム 活用インタビュー こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」の運営チームです。 私たちは、組織運営のアジャイル的なアプローチを具体的に広く実行するために、チームがある程度自走できるようになるためのフレームワーク「リコーアジャイル 実践プログラム(※)」を提供しています。 ※リコーアジャイル 実践プログラムの詳細はこちらの記事をご覧ください! 今回は、この実践プログラムを活用して組織変革を行った事例として、リコーITソリューション

スキ
31

仕事に役立つイベントレポート

デザイン思考や組織アジャイルの学習&実践の場として、定期的に開催しているセミナーやワークショップイベントのレポート。気づきや行動変容のきっかけになるイベントを目指しています!

くわしく見る

【後編】実践者から学ぶ「組織が自律的に変わる・動く」ための仕組みとは?

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「組織が自律的に変わる・動く」をテーマに、登壇者をお迎えし開催しました。お二人にご登壇いただいたイベントだったため、前後編でお届けしています! 前編はこちら↓ 登壇いただいたのは、お客様価値向上に向けてこれからの営業のみらいを考える「みらいデザインLab.」の活動を推進する、リコージャ

スキ
38

【前編】実践者から学ぶ「組織が自律的に変わる・動く」ための仕組みとは?

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「組織が自律的に変わる・動く」をテーマに、登壇者をお迎えし開催しました。 登壇いただいたのは、お客様価値向上に向けてこれからの営業のみらいを考える「みらいデザインLab.」の活動を推進するリコージャパン株式会社の青木 郁馬さんと、プロジェクト推進支援サービスを提供する株式会社Copilo

スキ
65

デザイン思考の起点は”観察”!新たなインサイトを発見できる「フィールドワーク」を体験しよう

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営チームです。 私たちは「リコーアジャイル」を全社に浸透させるため、デザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「フィールドワークシミュレーション ベトナムのマーケットをFW&リサーチしてみよう!」というイベントを開催しました。 ”フィールドワーク”とは、ある調査対象について研究をする際に、そのテーマに即した場所(現地)を実際に訪れ、その対象を直接観察

スキ
52

マインドセット醸成にメイカースペースが有効!その理由とは

こんにちは、「みんなのデザイン思考とアジャイル」運営のホンミです。 私たちはデザイン思考やアジャイルの学習&実践の場として、セミナーやワークショップイベントを定期的に開催しています。 今回は「東芝のデザイン思考の取り組みと、メイカースペースに関するリコーと東芝との共同研究の紹介」というイベントを開催しました。 このイベントでは、東芝 CPS xデザイン部の緒方さん、衣斐さん、安達さんに登壇していただきました。 東芝におけるデザイン思考の取り組みと、リコーと東芝が共同で研究

スキ
32